WEBNOTE -

[IT]IT辞典

エクセル(Excel)などのアプリケーションソフトの便利な使い方・裏技やアクセス(Access)・MYSQLなどのデータベースから、VBAなどのプログラミング、MTなどのWeb(インターネット)関係、サーバー、ネットワーク、SEOなどネットビジネスその他用語などPC全般

重複するコンテンツ―MTへの「正規化」の実装方法

はじめに

重複コンテンツが存在していると、Googleの「品質に関するガイドライン」に違反し、掲載順位が下がるおそれがあります。

ただし、すべての重複コンテンツが否定されているわけではなく、検索エンジンのランキング操作やトラフィックの増大を意図した「悪意」のある偽装行為により作成されるものが違反対象となります。

できる限り、内容が重複する複数のサイトやページを作成しないようにすべきでしょうが、ユーザーの利便性という見地から、内容が重複するページも必要となる場合があります(例.ネットショップのおける商品ページの複数カテゴリーへの登録等)。

そのため、Googleの検索アルゴリズムには、「悪意」があるかないかを見極めるためのものが組み込まれています。

重複するコンテンツ―問題と対策・対応・対処法(正規化)

 

ただし、Googleの検索アルゴリズムも絶対的なものではないでしょう。

自分では「偽装や検索エンジンの結果を操作する意図」がないと思って重複コンテンツを作成しても、場合によっては、クローラ(検索ロボット)に「悪意」ありと判断される可能性がまったくないとはいえないと考えます。

そこで、この重複コンテンツは「検索エンジンの結果を操作する」ためにいたずらにページ数を増やそうとして既存コンテンツを複製したものではありません、必要があって複製等したものであって、オリジナルのページは別にあり、そのURLは◯◯です、とGoogleに知らせるための途が開かれています。

それが、Googleが「正規化」と呼ぶ方法です。

正規化とは、ほとんど同じコンテンツの複数のページがサイトに含まれる場合、優先する URL を Google に指定する方法をいいます。

これには複数の方法がありますが、その一つに重複する「ページの URL のすべてのバージョンに canonical リンクを指定する」というものがあります。

canonical とは、「標準」「オリジナル」といったような意味です。

このページでは、MT(movable type)に、重複するすべてのページに canonical リンクを簡単に指定する方法を実装する仕方についてついてまとめてみます。

 

 

MTへの「canonical リンク指定」の実装の方法・手段・仕方・手順

重複するページの URL のすべてのバージョンに canonical リンクを指定する方法とは、具体的には次のような方法です。

まず、重複コンテンツのうち、ひとつのページをオリジナルページ(標準ページ canonical page)とし、他の重複コンテンツはすべて複製ページと考えます。

そして、すべての複製ページの<head> セクションに、次の<link>要素を追加(記載)します。

<link rel="canonical" href="http://…(オリジナルページのURL)">

 

簡単といえば、簡単なのですが、すべての重複ページでいちいち<head>部を書き換えるのは面倒です。

ただし、MT(movable type)でサイトを構築している場合には、カスタムフィールドを利用することで、比較的簡単に<head>部に<link>要素を追加することができるようになります。

その手順は以下のとおりです。

  1. カスタムフィールドを作成する
  2. 作成したカスタムフィールドを個々のブログ記事で表示するための設定をする
  3. テンプレートを修正する

 

1.カスタムフィールドを作成する

オリジナルページのURLの情報を入力するためのカスタムフィールドを作成します。

すべてのブログで使用するため、個々のブログではなく、「システム」で作成したほうがいいでしょう。

そこで、[システム] の左メニューから[カスタムフィールド]-[新規]をクリックします。

 

そして、たとえば、次のように入力してください。

 

これで、オリジナルページのURLの情報を入力するためのカスタムフィールド(名称:標準ページのURL(複製ページの場合))が作成できました。

 

2.作成したカスタムフィールドを個々のブログ記事で表示するための設定をする

次に、個々のブログの管理画面に入り、左メニューから[設定]-[投稿]をクリックしてください。

すると、次のような画面が開きますので、今、作成した[標準ページのURL(複製ページの場合)]のチェックボタンにチェックを入れてください。

 

これで、個々のブログ記事のカスタムフィールド欄に[標準ページのURL(複製ページの場合)]カスタムフィールドが表示されるようになります。

したがって、そのブログ記事が複製ページであれば、[標準ページのURL(複製ページの場合)]カスタムフィールドにオリジナルページのURLを入力します。


 

3.テンプレートを修正する

次に、<head>部の記載のあるテンプレート、これはデフォルトですと、テンプレートモジュールの[HTMLヘッダー]となりますが、その<head>部の適当な箇所に、次のコードを追加してください。

 

このコードは、そのページ(ブログ記事)が複製ページ等で、オリジナルページが別途ある場合には、そのオリジナルページのURLは、[標準ページのURL(複製ページの場合)]カスタムフィールドに入力したURLですよ、という意味です。

これで、個々のブログ記事の編集画面の[標準ページのURL(複製ページの場合)]カスタムフィールドにオリジナルページのURLを入力した場合、そのURLが記載された<link>要素が、自動的に<head> セクションに追加されるようになります。

 



プリバシーポリシーサイトマップ