WEBNOTE -

[IT]IT辞典

エクセル(Excel)などのアプリケーションソフトの便利な使い方・裏技やアクセス(Access)・MYSQLなどのデータベースから、VBAなどのプログラミング、MTなどのWeb(インターネット)関係、サーバー、ネットワーク、SEOなどネットビジネスその他用語などPC全般

Adobe(アドビ)のフォトダウンローダーが勝手に立ち上がる

問題点・現象

Adobe Photoshop Elements をインストールすると、デジカメラやカードリーダー、そして、iPhone などをUSB接続するたびに、フォトダウンローダーが勝手に立ち上がってくるようになります。

 

良心的なソフト会社であれば、インストール時に関連付けをするか、などというかたちで利用者の意思を確認をします。

また、勝手に関連付けが変更された場合でも、普通は簡単に元に戻すことができます。

この点、Adobe(アドビ)はかなりたちが悪いと思います。

ユーザーの意向などまったく無視して付属ソフトにすぎないフォトダウンローダーを勝手に常駐させるばかりか、くわえて、元に戻す方法が簡単にはわからないようになっています(故意犯?)。

立ち上がったフォトダウンローダー自体では、それを解除する手段・方法がまったく閉ざされているからです。

 

 

対策・対応策・回避策

これを回避するには、次の2つの方法があります。

1.システム設定ユーティリティ(msconfig.exe)で常駐から外す

[スタートボタン]―[ファイル名を指定して実行]で、「msconfig.exe」と入力し、実行すると、次のようなシステム設定ユーティリティの画面が立ち上がります。

 

[スタートアップ] タグに「apdproxy」というスタートアップ項目がありますので、そのチェックを外しします。

これで、パソコンを再起動すると、デジカメ等を接続しても、フォトダウンローダーが起動しなくなります。

この方法は、フォトダウンローダーの常駐自体を禁止するので、次に述べる方法よりも抜本的な方法です。

 

2.フォトショップエレメンツの設定を変更する

フォトショップエレメンツを実行すると、次のようなスタートアップスクリーンが表示されるので、メニューの中から、「写真の表示と整理」を選択する。

 

そして、メニューバーの[編集]から[環境設定]―[カメラまたはカードリーダー]へと進めます。

すると、次のようなダイアログボックスが表示されますので、[Adobe Photo Downloaderを使用してカメラまたはカードリーダーから写真を取り込む]のチェックを外します。

 

これで、 フォトダウンローダーが勝手に立ち上がらなくなります。

 



現在のカテゴリ:トラブル

 トラブル】カテゴリ内のページの一覧

  1. Adobe(アドビ)のフォトダウンローダーが勝手に立ち上がる

 トラブル】の前後のカテゴリ

プリバシーポリシーサイトマップ