WEBNOTE -

[IT]IT辞典

エクセル(Excel)などのアプリケーションソフトの便利な使い方・裏技やアクセス(Access)・MYSQLなどのデータベースから、VBAなどのプログラミング、MTなどのWeb(インターネット)関係、サーバー、ネットワーク、SEOなどネットビジネスその他用語などPC全般

インストール-WindowsOS(Server 2003 など)にphpMyAdminをインストールする方法・仕方・作業手順

Windows Server 2003 などWindows環境に phpMyAdmin をインストールする方法・仕方・作業手順は、次の3つのステップ・段階に分けて考えると分かりやすいです。

  1. phpMyAdmin を配布サイトからダウンロードする(無料)
  2. IISにおける設定①-新規サイトまたは仮想ディレクトリを作成する
  3. IISにおける設定②-PHPを実行できるようにマッピングを行う

※MySQLやPHPはすでにインストール済みであることを前提にしています。

 

1.phpMyAdmin を配布サイトからダウンロードする

まずは、phpMyAdmin を配布サイトからダウンロードします。

ダウンロード先は「phpMyAdmin」「ダウンロード」といったキーワードで検索すればすぐに見つかります。

 

ダウンロードファイルは圧縮ファイルですので、解凍する必要があります。

解凍後生成されたフォルダは、例えば「phpMyAdmin」などとフォルダの名前を変更したうえ、IISサーバのWebサーバ用のフォルダ(c:\inetpub\wwwroot)内に保存してください。

 

2.IISにおける設定①-新規サイトまたは仮想ディレクトリを作成する

IIS管理コンソールを使用して、上記作業で保存したフォルダに対して、新規サイトあるいは仮想ディレクトリ(サブサイト)を作成します。

 

3.IISにおける設定②-PHPを実行できるようにマッピングを行う

「phpMyAdmin」サイトでは、PHPを実行できるようにする必要がありますので、 IIS管理コンソールでPHPファイルへのマッピングを行います。

具体的には、「ホームディレクトリ」タグ内の「アプリケーションの設定」で実行アクセス権を「スクリプトのみ」に設定した後、[構成]ボタンをクリックして、PHPファイルへの関連付けを行います。

 



プリバシーポリシーサイトマップ