WEBNOTE -

[IT]IT辞典

エクセル(Excel)などのアプリケーションソフトの便利な使い方・裏技やアクセス(Access)・MYSQLなどのデータベースから、VBAなどのプログラミング、MTなどのWeb(インターネット)関係、サーバー、ネットワーク、SEOなどネットビジネスその他用語などPC全般

TinyMCE―カスタマイズ―その他の設定―width―MT(Movable Type) の編集画面を横に広げる

TinyMCEをカスタマイズして編集画面を横に広げる

はじめに

PCモニターの画面サイズ・アスペクト比は16:9などのワイド画面が主流となってきました。

また、マルチディスプレイも珍しいものではありません。

そうなってくると、気になるのが、TinyMCEの編集画面の横サイズです。

MT(Movable Type)のデフォルトのエディターでは、テキストエリアはブラウザにあわせて可変します。

しかし、TinyMCEを使用すると、縦サイズはドラッグして引き伸ばすことが可能ですが、横幅は固定となります。

これでは、モニターをワイド画面にしても編集画面は広くはならず、逆にその狭苦しさが目立ってきます。

入力環境の改善・効率化のためには、やはり編集画面は広いにこしたことはありません。

このページでは、TinyMCEをカスタマイズして、編集画面を横にひろげるための方法・仕方についてまとめています。

とても簡単で、ブラウザにあわせて可変にすることも、固定サイズにすることもできます。

 

1.TinyMCEの[設定]の[その他の設定]画面を開く

TinyMCEは、FCKeditorと並び、MT(Movable Type)やWordPressといったCMS(Content Management System コンテンツマネジメントシステム)のエディターとしてよく利用されています。

その特色(メリット)は、CMSの管理画面から(!)柔軟なカスタマイズが可能である、ということです。

MTでは、システムの左メニューの[ツール]―[プラグイン]から、TinyMCEの各種設定を行うことができます。

以下、MT5のバージョンで説明します。

 

TinyMCEの設定画面は次の4つから構成されています。

  1. エディターに表示するボタンの設定
  2. フォントの設定
  3. 編集領域に関する設定
  4. その他の設定

 

編集画面を横にひろげるには、このうち、[その他の設定]画面で行います。

ここまでの作業に仕方については、次のページを参照してください。

TinyMCEのカスタマイズ

 

2.[その他の設定]画面で設定する

width

TinyMCEでは、レイアウト関係のオプションの一つに width があります。

TinyMCE - Configuration

 

このオプションを利用することで、TinyMCEを使用していても、MT(Movable Type) の編集画面を横にひろげることができます。

[その他の設定]に次の1文を追加してください。

{
width : "100%",
};

 

固定にしたい場合には、"100%"とする代わりに、"700px"などと設定します。

ただし、ツールバーのサイズ以下にはなりません。現行ツールバーのサイズ以下にもなるようにしたい場合には、ツールボタンの数を減らします。

 

具体的には、次のようなイメージとなります。

 



プリバシーポリシーサイトマップ